貓大叔的筆記本

關於部落格
http://photo.xuite.net/aglaia1自己亂亂拍的照片
http://blog.yam.com/aglaia2tw 收集的圖片
http://tw.myblog.yahoo.com/jw!FBhyLyqTFxvuoX2CzUC1qj0- 我種的植物
  • 86916

    累積人氣

  • 2

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

櫻花全年管理A

この時期の芽(這個時期的芽) 

サクラではありませんが、九州北部では1月終わりごろには、このように「暖地」さくらんぼのつぼみが膨らんできています。

雖然不是櫻花,九州北部在1月結束時,像北九州這裡的「暖地」,櫻桃的花蕾正澎漲著。 

一方、サクラはまだつぼみに変化は見られません。

另一方面,櫻花的花蕾還看不出有什麼變化 

水やり(水分提供、灌溉) 

庭植え(庭院栽種) 

1 月と同様に、乾きがひどい、もしくは雨が当たらない場所以外では、特に与える必要はありません。また、気温が0度(氷点下)となる地域では凍ってしまうた め水遣りには注意します。乾燥が見られる場合は、暖かい天気の良い日の午前中に水を与えます。昨年に植え替え・植え付けたものは、乾燥に弱いので特に注意 しておきます。

1月相同(這是1月沒錯了啊=__=)除非是乾燥到不行,不容易下雨的情況下,不然沒有特別澆水的必要性。還有,氣溫在0(冰點下)的地方澆水結凍的情況請注意。看的出來乾燥的情況下,在天氣暖和的中午前澆水。去年剛移植或種植的櫻花要特別注意,它們非常不耐乾燥。 

鉢植え(盆栽栽種) 

10 月、11月同様に、屋外でも雨が当たらない場所においている場合で、表面が乾き気味になってきたらたっぷり与えます。与える場合は、暖かい午前中に与える のが良いでしょう。また、気温が氷点下となる地域では、水が凍らないように注意が必要です。(先月と同じ文章ですが・・冬になっても、水を与えるときは鉢底から水が流れ出るぐらいたっぷり与え、土の中に新鮮な空気を送ってあげます。少ししか与えないと、根に悪い影響を与えます。また、いつも受け皿に水を溜めているような状況だと、うっかり枯らしてしまうこともあります(私がむかしやってしまいました^^;)。夏と違うのは、与える回数が減ることです。)

10月、11月同樣地,放置於不常下雨的室外之情況下,表面變得乾燥時請充分的給與水份。澆水的時間點,在暖和的午前是在好不過了。在氣溫於結冰點的地區,請務必注意不要讓水結凍。(和上個月的文章相同…就算是冬天,水分給與時,充分澆水直到盆栽底部流出水為止的量,將新鮮的空氣灌溉至土壤中。只澆一點點水的話,對根反而會有不好的影響產生。不注意的話可能也會造成櫻花枯萎(我以前就曾讓這種事發生過 ^^;)。和夏天不一樣的是,澆水的次數要減少。) 

肥料(施肥) 

庭植え、鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

与えません。不用施肥。 

剪定(修剪) 

庭植え・鉢植え共に、普通は行いません。

庭院栽種、盆栽栽種都一樣,一般來說不用修剪。 

植え替え、植えつけ (移植、種植)

庭植え・鉢植え共に行いません。

庭院栽種、盆栽栽種都一樣,不可移植或種植。 

病気・害虫(生病、害蟲) 

病原菌や害虫も冬の寒さで活動しなくなるため、病気や害虫はほとんど発生しません。

病原菌或害蟲之類的也因為寒冷了而沒有活動力,大多都不會發生生病、蟲害情形。 

寒冷地での防寒対策(寒冷地區的防寒對策) 

庭植え・鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

12月と同様です。鉢植えでは雪で埋もれない場所へ移動させるとよいと思います。ただし、暖房の効いた部屋には置かないようにします。(桜は寒さに会わないとあまり花が咲かないといわれています。赤道付近など暖かい国では桜はありません。)

12月相同。將盆栽移到不會被雪埋沒的地方。只是,不要放在有暖氣運作的房間內。(櫻花沒有寒冷的交互作用下,一般來說是不會開花的。赤道附近等較溫暖的國家是沒有櫻花的。) 

また、水遣りは、午前中だとまだ寒すぎる場合は、できれば正午前後で与えると良いと思います。ただ、(仕事等で)時間的に難しい場合は、夕方より午前中に与えるほうが凍ってしまうのを防げると思います。

再來,是澆水的時間點,中午前還太冷了,可以的話正午的前後澆水我想會比較好。只是時間上有困難的情況下(工作…等事情),傍晚比起早上澆水要注意的是結凍的預防。

二月的櫻花管理

まだまだ寒い2月ですが、サクラはもう芽を出す準備をしています。鉢植えなら土の中で根も白い根を出しているのもありました。桜の季節である春の訪れの前準備を行います。

還是很寒冷的2月,但是櫻花的芽已經開始準備發芽。盆栽栽種土裡的根部也有白色的根鬚長出來。準備迎接櫻花的季節-春天。 

水やり(水分提供、灌溉) 

庭植え(庭院栽種) 

雨がよく降りまだ寒いので、とくに与える必要ありません。

常下雨且還很寒冷,不用特別澆水 

鉢植え(盆栽栽種) 

鉢 植えの場合は庭植と違い、晴の日が少し続いたり雨の当たりにくい場所に置いている場合は、乾燥してくる時があるので表面が乾いてきたら、たっぷり与えてく ださい。葉がなくて与えなくても良いように見えますが与えてください。(私がこれで失敗して小学生のころ桜桃を1度枯らしてしまった記憶があります。)た だし、受け皿に水を溜めておくと根に悪い影響を与えるため、水は捨てるようにしてください。

盆栽栽種和庭院栽種不同在於:持續晴朗的天氣或是放置不容易下雨的地方的話,乾燥的話表面會反應出來,這時請充份的澆水。沒有葉子的話不用澆水也沒關係,觀察的出來之情況下再澆水。(在我還是小學生的記憶中,就有一次讓櫻桃枯死的失敗經驗。)只是,水盤過多的積水對根部有不好的影響,請將水倒掉。 

防寒 マルチングの処理(庭植え)防寒布 (覆蓋物)處理(庭院栽種)

まだ寒いので、防寒を行っている場合はそのままにしておきます。今月は防寒やマルチングの点検ぐらいです。

還很寒冷,為了防寒放置著就好。本月的防寒布(覆蓋物)處理只要檢查一下防寒布(覆蓋物)便可。 

肥料(施肥 )

春の前の寒肥を施します。本によると化成肥料も与えてよいと書いてあるのもありますが、有機肥料をお勧めします。というのは本格的に成長しだすまでにまだ1ヶ月以上ありますので、緩やかに効く有機肥料で間に合いますし、根をいためないからです。サクラの肥料もご覧ください。※雪が降っている地域では、雪が降らなくなるまで待ちます。

春天之前都使用寒肥施肥。書本裡也有寫一些能給與的化合肥料,但是還是最推薦有機肥料。距離真正的成長期還有1個月以上的時間,緩和有效地給與有機肥料還來得及,也不會灼傷根部。也請參考櫻花的肥料。※還在下雪的地區,請等到雪停止後再施肥。 

寒肥として玉肥を与えている写真

顆粒狀寒肥施肥的寫真 

剪定(修剪)  

庭植え、鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

まだ行いません。というのは、芽が膨らんでくる頃にならないと、間違って枯れてない枝を切り落としてしまうことがあるからです。また、せっかくの花芽を切り落としてしまいます。苗を植えたばかりの木は、思い切って切断したほうが良い場合もあります。

還不行。芽還沒膨漲時期前,搞不好會把沒有枯死的樹枝給剪掉。而且也會剪到好不容易成長的花芽也不一定。只是純粹種苗的樹木的話,剪掉也許情況會比較好。 

●剪定方法(修剪方式 )

植え替え、植えつけ(移植、種植)   

新芽が膨らんでくる前のこの時期になると、もちろん根も少しずつ活発になってきます。この時期に植え替えるとせっかくの成長を妨げてしまいます。土の中の病原菌も活発になってくるので、秋-冬の植え替えが好ましいです。なお、どうしても(購入等で)植え替える場合はこの時期が最後のチャンスです。暖かくなっての植え替えは避けるべきです。

因為是新芽開始要成長前,所以根部開當然也開始會有少許活動。這時期移植的話,可能會妨礙到成長。土壤中的病原菌也開始活動了起來…秋-冬天再進行移植會比較好。但有種不得已需移植的情況(剛好購入…等)例外,這個時期是最後的移植機會。不然的話,請盡可能避免在天氣變暖的時候進行移植。 

◆植え替え方はこちらへ◆(移植的方法請點這裡) 

三月的櫻花管理

いよいよ、待ちに待った嬉しいサクラの花の季節に近づきます。暖かくなり、芽も膨らんできて楽しみです。でも、サクラにとって大事な時期です。春になると植物も活発になりますが、害虫や細菌なども活発になります。病気や害虫なども発生してきますので注意します。

終於來啦!~讓人興奮且期待已久的櫻花季節接近了!氣溫變暖,芽開始膨漲真另人開心。可是,對櫻花而言是非常重要的時期。春天來的話,植物開始生長,同樣地害蟲和病菌也開始活動。生病或害蟲…等情況可能發生,請特別注意。 

水やり(水分提供、灌溉) 

庭植え(庭院栽種)  

雨がたまに降り、乾燥が激しくなければ必要ありません。

還會下雨,如果沒有過度乾燥的話不用澆水。 

鉢植え(盆栽栽種) 

雨に当たらない場所で育てている場合は、この季節はだんだん暖かくなります。表面が乾いてきたら裏の穴から出るぐらいたっぷり与えます。※乾燥すると根が枯れてしまい、つぼみが開かないまま枯れることがありますし、逆に湿りすぎているのも根腐れしてしまいます。たっぷり与えた後、受け皿があるなら水を捨ててください。

在不容易下雨的地區飼育櫻花,這個季節後漸漸變暖。表面變乾的話,充分給與水份直到盆栽下面的洞流出水的份量。太乾燥的話櫻花會枯掉,在花蕾還沒開之前就枯死也不一定,相反的太過潮濕會導致根部腐爛。充份給與水份後,請再將水盤的水倒掉。 

肥料(施肥) 

庭植え、鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

暖かい地方ではもう開花してくるかもしれませんが、お花見して楽しんで、花が散った後、新芽が伸びるころ肥料を施します。一般に礼肥といわれますが、花が咲き終わっていない場合は与えません。

較溫暖的地方可能已經正開著花了,賞花之樂趣後,在花謝後、新芽生長時給與肥料。一般的禮肥(在四月的櫻花管理有寫了) 在花還沒謝完之前是不會給與的

剪定(修剪) 

庭植え、鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

芽が膨らんでくる頃になると、枯れた枝は芽が膨らんでこないので、枯れた枝が分かりやすいです。この時期に枯れ枝を切り落としておきます。サクラの剪定をご覧ください。

芽開始進入膨漲的時期的話,已枯掉樹枝上的芽不會膨漲,枯死的樹枝很容物分辦。趁這個時期請將已枯死的樹枝修剪掉。請參考櫻花的修剪。 

植え替え、植えつけ(移植、種植) 

新芽が膨らんでくる前なら植え替えられますが、このころの植え替えは、病原菌も活発になってくる頃で、根頭がん腫病にかかりやすくなるため、秋-冬の植え替えが好ましいです。

新芽開始膨漲之前是可以移植的,但是這個時期移植的話,病原菌也開始進入活動的時,所以很容易感染植物癌腫病(Crown Gall Diseases)…等病,為了防止此情況發生,移植最好秋-冬之間在進行會比較好。 

◆植え替え方はこちらへ◆(移植的方法請點這裡) 

病気・害虫(生病、害蟲) 

花が咲き終わるころから病害虫が発生してきますが、この時期はまだ少ないようです。もし、発生するようであれば、4月のサクラの管理と同じようにします。

開花結束後開始進入病蟲害的時期,雖然這個時期還算少。但是一旦發生的話,請參閱比照4月的櫻花管理處理。 

寒冷地では(在寒冷的地區的話) 

庭植えの場合(庭院栽種的場合) 

暖 かくなり防寒の必要性もなくなってきたら、マルチングを焼却処分します。※去年からマルチングを行なっているものは、害虫が越冬しているので、花が開く前 (害虫が動き出す前)に焼却処分します。そうしないと、害虫が目を覚まして動き出し、サクラが被害に遭います。また、テングス病などの菌類の胞子などが付 着していることもありますので、焼いた後の場合は大丈夫だと思いますが、そのままでは(肥料等に)再利用しないほうがいいと思います。

已經變暖了,所以也沒必要防寒了,Mulching(覆蓋物)已經可以處理燒掉了。※去年用的Mulching(覆蓋物)也藏有過冬的害蟲,花開之前(害蟲們醒過來活動之前)就把它燒掉。(如同3月的櫻花管理記述的,不燒掉的話,害蟲一醒過來就會侵害到櫻花。而且天狗巢病等菌類的孢子也會附著在上面,燒了之後才比較不打緊,Mulching(覆蓋物)的再利用(肥料…等)最好不要會比較好。) 

鉢植えの場合(盆栽栽種的場合) 

雪の当たらない場所から、日差しのあたる場所へ移動させて、日光に当ててあげます。

不會下雪的的話,將櫻花移到陽光照的到的地方曬太陽 

四月的櫻花管理

楽しませてくれたサクラの木の管理をしてあげましょう。この時期からサクラの生長期で以上がないか観察しておきます。病気や害虫の発生時期にもなりますので注意しましょう。

給與櫻花能夠快樂的照料吧!此時是櫻花的生長期,從這個時期開始往要進行不同以往的觀察。此時期也是容易有生病或是蟲害的開始,請注意。 

takeが1年前植え替えた鉢植えの桜

take(人名)1年前移植的櫻花盆栽 

開花後の処理(開花後的處理) 

普通、開花後は、実が出来る前に自然と落ちることが多いためそのままにしておいてもかまいません。でも、たまに実が出来ることがあります。種をとる目的など実をつける必要がない場合は、木に負担がかからないように取ってしまいます。

一般來說,開花以後,果實會自然脫落的情況較多,所以那樣放置不管也沒關係。可是,偶爾還會脫落的情形也有。目的在於要保留種的話,果實是不必要的,盡量讓樹木沒有負擔的取出果實。 

水やり(水分提供、灌溉) 

庭植え(庭院栽種) 

雨が降りやすい時期でもあり、水遣りはあまり必要はないでしょう。乾燥が激しいとき、雨が当たりにくい場所などの場合は与えます。

也是容易下雨的時期,不必要常澆水對吧?過度乾燥的時候、或不容易下雨的情況下再澆水就可以了。 

鉢植え(盆栽栽種) 

こ の季節はサクラにとって新芽が成長する時期で、水分をたくさんほしがる時期でもあります。また、この季節は天気予報でも乾燥注意報がでるなど、乾燥も激し くなるので表面が乾いてきたら、たっぷり与えてください。※乾燥させると木が弱ります。ただ、受け皿に水が溜めたままにしないように。根腐れを起こしてし まいます。

這個時期對櫻花而言是新芽的成長期,也是大量需要水分的時期。還有,這個季節的天氣預報也有乾燥指數警報等,表面變得乾燥過度的話,請充分給與水份。過度乾燥會讓櫻花變得不健康。只是也不要讓盆栽下的水盤積水太多。會造成根部腐爛。 

肥料(施肥) 

庭植え、鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

花が終わったら、礼肥として、肥料を1回与えます。花が終わったあとが本格的な成長期となるので与えます。ただ、鉢植えであまり大きくしたくない場合は、少なめに与えると良いと思います。サクラの肥料のページもご覧下さい。

開花結束後的話,就當謝禮,給與一次肥料。開花結束後,接下來進入真正生長期後再給與肥料。只是盆栽栽種的櫻花,因為不是很大,少量的給與便可。也請參考櫻花的肥料的網頁。 

礼肥:開花結束後,給與肥料之事。<日本人對櫻花的感謝之意。 

剪定(修剪 )

庭植え、鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

剪 定はしません。止むを得ず枝を短くしたり、混み合っている枝がある場合は剪定してもかまいませんが、強く剪定すると従長枝が多く出てしまい、かえって込み 合ったり、先端のほうしか芽が付いていない枝などでは、枝ごと枯れこんでしまうことがあります。(私の鉢植えの桜では、ノラ猫が先端しか芽の付いていない 枝を、芽の部分のみ折ってしまい、枝ごと枯れてしまいました。)

不用修剪。除非是不得已將樹枝剪短的情況~交錯雜亂的樹枝需修剪之外,不必要而強行修剪的話,反而會造大量徒長枝的萌發,變得比先修剪前還雜亂,先端只有芽的樹枝,可能會枯萎也不一定。(我的櫻花盆栽,被野貓把先端有芽的樹枝給折斷了,結果它就枯掉了。) 

植え替え、植えつけ(移植、種植) 

植え付け、植え替えは行ないません。このころの植え替えは、病原菌も活発になってくる頃で、根頭がん腫病などにかかりやすくなるため、秋-冬の植え替えが好ましいです。

移植、種植皆不可。這個時候移植的話,因為病原菌活潑的時期,容易感染植物癌腫病(Crown Gall Diseases)…等病的關係,秋-冬之間在進行移植會比較好。 

入手の都合などで、やむ終えず、この時期に植えつける場合は、花が咲き終わってから植えつけます。その際はあまり根鉢を崩さずに植え替えるほうがよいです。

在不得已要移植的情形下,這個時期能進行的時候,是在開花完畢後才可以進行。移植的時候,盡量讓原本的盆栽在不崩壞的情形下進行。 

サクラの植え付け・植え替え(櫻花的移植、種植)

五月的櫻花管理

1面葉桜となったサクラ。生き生きとした大きな葉をみると育てる側から見ても元気が出ます。この時期は引き続きサクラの成長も盛んです。また、病気や害虫が多く発生して成長が妨げられると、今後の生育にも響いてきますので注意します。

變成葉櫻的櫻花。從旁看著不斷的生長變大的葉子,自己也覺得元氣十足。這個時期乃是櫻花持續成長的萌發時期。只是染病、害蟲也變多可能會妨害櫻花的成長,這也會影響到往後的生育,請多加注意。 

水やり(水分提供、灌溉) 

庭植え(庭院栽種) 

4月同様、乾燥する時期でもあり、また気温も上がるので注意します。雨が当たりにくい場所などの場合は乾燥させないように与えます。雨が降らない時期は乾燥してきたら与えます。

4月情形相同,也有乾燥的時期,加上氣溫開始上升請特別注意。不容易下雨的場所等情況下,請澆水不要讓它太過乾燥。沒有下雨的時期,過度乾燥的話請充分給與水份。 

鉢植え(盆栽栽種) 

この季節は4月に引き続いて桜にとって成長する時期で、水分をたくさんほしがる時期でもあります。また、乾燥も激しくなるので表面が乾いてきたら、たっぷり与えてください。

接續4月,這個季節對櫻花來說也是成長期,也是需要大量水分的時期。還有表面又開始變得過度乾燥的話,請充份的澆水。 

※4月同様、乾燥させると木が弱ります。この時期弱ると、花芽の育成に影響します。鉢が素焼き鉢風のものでは特に乾燥しやすいです。ただ、受け皿に水を溜めていると逆に根腐れを起こしてしまいますので、たまった水は捨てます。

4月相同,讓櫻花過度乾燥的話,櫻花會變得不健康。此時期變得不健康的話,會對花芽的發育影響甚大。特別是陶製的盆栽可能保持不住水份以至過度乾燥。只是盆栽下的水盤,水量過多的話反而會讓根部腐爛,將多餘的水分倒掉。 

肥料(施肥) 

庭植え、鉢植え(庭院栽種、盆栽栽種) 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態